logoG

TOPページに戻る Information / インフォメーション New / ベランダ最新情報 Diary / 時々日記 Kitchen Garden / キッチンガーデン Gallery / ギャラリー Books / 本 Link / リンク Mail / メール Profile / プロフィール greengreen JsBar/ジェイズバー
 
BN

2009年度 京都テラス菜園
g_kt1  
01  
2009年4月8日 晴れ 23℃〜14℃(船橋)
1. 3月末からマンションの大規模修繕工事が始まって、ベランダが使用できなくなってしまった。リビングの前に広がる緑がないと寂しい・・・。ベランダのパーゴラや野菜達は、京都に借りたテラスに運びました!
d    
02  


2009年4月14日 晴れ 27℃〜16℃
2. 4月10日に京都北山にマンションを借りて引っ越してきた。賀茂川沿いの紅しだれ桜が満開!船橋から運んだウッドパネルを敷き、パーゴラも組み立てた。ミミズコンポストやジャガイモ、大根も元気。新しい環境でトマトなど夏野菜の苗も植え始めました。

d    
 
2009年5月3日 晴れ 25℃〜16℃
3. 船橋から越してきた野菜達も京都に慣れ、すくすくと育っている。こちらで竹行李や樽に植え付けた夏野菜も順調で、トキタ種苗のトマトベリーガーデンは色づきだした。コンパニオンプランツにニラとナスタチウムを寄せ、ササゲも芽を伸ばしている。
d    
04  
2009年5月21日 くもり 26℃〜20℃
4. トマトベリーガーデンの一段目の実が真っ赤に色づいた。名前の通りイチゴみたいな色です。
d    
05  
2009年6月5日 雨 24℃〜18℃
5. 骨董市で買った竹行李や背負子、木の樽に、夏野菜と食べられる山野草を寄せて植え、だんだんテラスが京都らしくなっきている。正面壁面のゴーヤーやヘチマなど蔓野菜の支柱は竹を使った手作り。詳しくは日記に。→DIARY
d    
06  


2009年6月24日 晴れ 33℃〜25℃
6. 梅雨の晴れ間の久しぶりの太陽。急激に気温が上昇して、船橋では体験したことのないような蒸し風呂状態になった。2.5メーターのコンクリート塀に囲まれたテラスは、横にある扉を閉めると湿気が隠ってしまうので出来るだけ解放する様にしているが、外出時は如何ともしがたい。トマトや緑のカーテンも今ひとつ元気がない状態が続いていて、梅雨明けが待ち遠しい。しかし、京都の夏の厳しさを聞かされる度に心配症に陥る今日この頃。

d    
07  

2009年7月12日 曇り 34℃〜25℃
7. 前回の更新から18日後のテラス。一気に葉が茂りだして、緑の色が濃くなってきた。元気のなかった緑のカーテンも、ヘチマと競い合うようにゴーヤーの葉が伸びてきて一安心。右側一番手前、黄緑色のランドリーバケツで育てているのは、‘夏涼み’という名のキュウリ。「納豆菌が病気から守る」を梅雨入りに前に葉面散布したのが効いたらしく、うどん粉病になっていない! 樽やセイロに植えた京野菜の‘田中唐辛子’‘万願寺唐辛子’は実の収穫が始まった。山野草との寄せ植えが、京風コンパニオンプランツの組み合わせで風情がある。

d    
08  
2009年7月17日 曇り 31℃〜25℃
8. 祇園山鉾巡行を初めて見物して、やや興奮気味。この日を境に京都はいっそう蒸し暑くなると聞いていたが、今日はわりあい過ごしやすい。
パーゴラの十六ササゲと紫ササゲの長い実が食べ頃に。トマトベリーガーデンも実が8段目までつき、パーゴラの天井部分に沿って、ひもで誘引をしている。葉の緑色が全体に薄く日照不足が気になっていたが、光合成を助ける成分入りの液体肥料「ペンタガーデン」を葉面散布し始めたら、緑が濃くなってきたような?この調子で梅雨が明けるまで辛抱したい。

d

 
2009年7月26日 曇り時々雨 29℃〜24℃
9. 連日、断続的な大雨。‘バケツをひっかえしたような’という表現がぴったりなほど、大きな音を立てて雨が降る。かとおもえば急にやんで薄日が差して、湿度が急激にあがるという、過ごしにくい天気が続いている。長い梅雨だ!そんな事を言っている間にも、壁面のグリーンカーテンのゴーヤーに実がついていて嬉しい。このエリアは軒がないので、雨がそのまま降り込んでくる。液体肥料を週に一度与えても雨に流されて、まったくの無肥料状態になってしまうので、「きゅうり・ゴーヤの肥料」というペレット状の専用有機肥料を施している。南面の高い壁際で日当りが今ひとつという環境で実をつけたのは、この元肥の施肥と「ペンタガーデン」の葉面散布によるARA(アミノレブリン酸)の吸収効果では、と今後に期待している。

d

10  
2009年8月30日 晴れ 30℃〜24℃
10. 関西地区は8月3日にやっと梅雨が明けた。1999年から続けている園芸日記の中では、一番遅い梅雨明けとなってしまった。トマトは葉の先端が茶色くなって枯れてしまうウイルス病が次々と広がり、切り戻しをしてわき芽に望みを託している。そんな中、ゴーヤーだけはしっかりと育ち、竹のアーチにみごとに絡んでくれた。
思わず ♪あ〜りがとう あ〜りがとう!感謝しよう〜♪って口ずさんでしまうほど嬉しい。

d

11  


2009年9月11日 晴れ 28℃〜18℃
11. 昨日から急に朝晩涼しくなって、20℃を切るようになった。でも日中は陽もよく射して28℃。湿度は30パーセント。とっても快適だ!私にとっての快適はトマトにとっても快適らしく、パーゴラの上まで届いたトマトに花が咲き、小さな実がつきだしている。4月にイメージしていた、『トマトとゴーヤーのダブルカーテン』も夢じゃないかも!
前回更新の10のグレーの扉を開けた状態が、今回の写真。扉の外のエントランス部分にも、ヘチマ、カボチャの蔓性野菜を置かせてもらって栽培している。こちらも緑鮮やかです。

d

12  
2009年9月29日 晴れ 26℃〜18℃
12. グレーの扉の外側にあるエントランス部分。専有部分ではないのだけれど・・・南東に面して日当たりがとっても良くて、ついついコンテナをはみ出して置かせてもらっている。トレリスを立てた籐フレームのコンテナでは、鹿ヶ谷カボチャの実がつきだした。株元にはレタスを寄せ植えして両サイドには芽キャベツの苗を植えつけている。丸ナスや伏見唐辛子もまだ収穫が続いている。今年は秋になるのが早く、9月上旬に種まきしたミニチンゲンサイやコールラビ、スイスチャードなどが順調に育っている。

d

13  
2009年10月11日 晴れ 23℃〜13℃
13. 京都は台風18号が8日午後に通り過ぎた。ニュースでは二条城唐門の檜皮葺(ひわだぶき)屋根がはがれ落ちたとのこと。ご近所の大徳寺でも宮大工さんが集まって何やら修復作業が進められていた。
2.5メーターのコンクリート塀にガードされている?京都のテラスは、強風の直撃を避けることができて一安心。竹のカーテンもまったく被害がなく、ゴーヤーやヘチマがそろそろ食べ頃に。葉ばかり茂っていたヘチマなのに、このところ毎日のように黄色い花が咲いている。朝晩の気温が下がってきてヘチマなりに焦っているのかも。

d

14  
2009年10月29日 晴れ 25℃〜13℃
14. ここ数年、ベランダでのトマト栽培ベストシーズンは、昼と夜の温度差が出る10月から11月にかけてだと思って来た。この頃が一番味も香りも濃くなってくる。ところが、京都のテラスではこの経験がまるで当てはまらなかった。船橋のベランダは庇(上階の床面)が全面にあるので、雨が直接降り込まない。京都は面積の半分以上が屋根無しで、雨が直接降り込む。今年の長雨で雨が降り込む場所のトマトは根から病気になってしまった。かろうじて残った屋根付き部分のトマトも、今度は日当りが今ひとつで元気がない。
トマトは雨が苦手ということを今更ながら実感させられたシーズンだった。

d

 
2009年12月24日 曇り 10℃〜3℃
15. 11月は京都の紅葉をたっぷりと楽しんで大満足!そしてあっという間に秋から冬に。気温の変化も10℃以上とメリハリのある季節感を体験中だ。京都の冬は、ズズーンと冷え込んでトマトも凍えてしまった。1ヶ月前までは、竹支柱にゴーヤーやヘチマがぶら下がっていたのに・・・みんな終わってしまった。ただし寄せ植えしたツワブキなどの山野草は寒さにも強くて健在だ。秋まきの葉野菜も寒さに当たったほうが甘みが増しておいしくなる。育っているのは白菜。水菜、コールラビ、サニーレタス、紫色と緑のミニチンゲンサイなど。葉色も濃くて鮮やかです。
今日はクリスマスイブ。もう少しで陽が落ちるので、キャンドルのライティングが楽しみ・・・。

d

16  
2009年12月24日 夜
16. テラス正面竹支柱の緑のカーテンも一気に冬景色。緑がなくて寂しいのでイルミネーションを絡ませてみたけれど、やっぱり竹には植物かな・・・。クリスマスの夜はキャンドルに火を灯してデコレーション! テラスのサッシ越しに見る室内からの眺めは、結露した水滴も加わってなかなか幻想的。写真を撮ってみたけれど、イルミネーションの流れる動きはなかなか伝えにくく、なんだか大文字さんを思い出す様な・・・。
次の朝見たら葉が焦げていて、可哀相なことをしてしまったと反省です。

d

17  
2010年2月6日 雪 4℃〜-2℃
17. テラスにうっすらと雪が積もり、なかなかの風情。元旦以来、雪がちらつく日があっても積もる程では無く、ほとんど冷たい雨ばかりで、京都の底冷えを実感している毎日でした。
種袋の栽培地域区分を見ると、関東から南西の地域は4区分に分かれていて、千葉県は「暖地」とされている。京都府は金沢など日本海地域と同じ区分の「関東以西の中間地」と区分されている。日本列島の南半分は関東より暖かいと大雑把にとらえていたけれど、住んでみて太平洋側との違いを実感させられた。房総半島の暖かさを再認識すると同時に、乾燥した関東とは違う空気の湿度に驚かされています。

d

18  
2010年3月2日 曇り 10℃〜3℃
18. 京都のマンションの契約は、3月末まで。テラス正面の竹のカーテンは、竹を購入した竹材店「御池」さんに引き取ってもらうことに。釘を使わずに設置していたので10分程度で解体され て運ばれて行ってしまった。光の当たっていなかった部分は薄らとまだ竹の緑が残っていて・・・。どこかで活かされること願いつつ御池さんのトラックを見送 りました。

d

19  
2010年3月8日 雨  7℃〜1℃
19. 「ハート引っ越しセンター」さんに依頼して、昨日荷物を船橋に運んでもらった。テラスの植物がなくなると、正面のコンクリートの塀がますます高く見える様。3メーター×3メーターのこのスペースも、緑がなくなると殺風景な空間に。テラスの手前はバスルーム。ユニークな間取りのマンションで、一年間楽しませてもらいました。これから鍵を引き渡して船橋へ戻ります。


▲上へ戻る
TOPページに戻る Information / インフォメーション New / ベランダ最新情報 Diary / 時々日記 Kitchen Garden / キッチンガーデン Gallery / ギャラリー Books / 本 Link / リンク Mail / メール Profile / プロフィール greengreen JsBar/ジェイズバー